小田切紀子  Noriko Odagiri,Ph.D.

経歴


1984年 学習院大学文学部心理学科卒業

1999年 東京都立大学大学院人文学研究科博士課程修了(心理学博士)

1999年 東京国際大学人間社会学部専任講師

2002年 東京国際大学人間社会学部助教授

2007年 東京国際大学人間社会学部教授(現在に至る)

2011年-2013年 アメリカ・オレゴン州Willamette University, Visiting Professor

2014年 国際家事ハーグ条約裁判外紛争解決(ADR)仲裁人、東京弁護士会登録(現在に至る)

 

資格


1999年 臨床心理士 登録番号06640

2019年 公認心理師 登録番号28800

 

講師等


2013年4月  家庭裁判所研修所講師

2014年10月   全国家事調停委員懇談会基調講演

2014年11月   仙台家庭際難所自庁研修講師

2015年10月   函館家庭裁判所自庁研修講師

2015年2月  さいたま家庭裁判所自庁研修講師

2016年11月   東京弁護士会紛争解決委員会ADR研修講師

2017年3月  東京家庭裁判所自庁研修講師

2018年2月  横浜家庭裁判所自庁研修講師

2019年3月  東京弁護士会ハーグ条約関連制度検討協議会講師

 

2019年12月 日本弁護士会家事法制シンポジウム、シンポジスト

 

主な著書


離婚と面会交流ー子どもに寄りそう支援と制度(金剛出版) 

               小田切紀子・町田隆司編著(2020

家族の心理ー変わる家族の新しいかたち(金剛出版)

               小田切紀子・野口康彦・青木聡編著(2017

離婚後の共同養育と面会交流ー実践ガイド(北大路書房)

               青木聡・小田切紀子共訳(2013

離婚ー前を向いて歩きつづけるために(サイエンス社)

               小田切紀子(2010)

 

 

 



*氏名・発言の無断使用・転載は厳にお断りいたします。

*活動は中立性を重視し、特定の団体とは関係がございせん。