面会交流支援


☘にじいろ面会交流支援☘

面会交流は、御両親の別居・離婚に伴い、離れて暮らす子どもと親の交流の機会です。

当法律事務所は、協力専門家と共に、公益的活動として面会交流の支援を行っています。

 

【お申込み前に~以下ご注意ください~】

✿面会交流支援は、子どものために、御両親それぞれとの三者の合意に基づいて行われるものです。

✿「そもそも面会交流支援を利用したくない」という方は合意形成困難ですので、お申込みをご遠慮ください。

✿面会交流支援において、一方親の意向を汲み他方と交渉する代理人としての活動は、法律上できません。

✿「面会交流を拡充(縮小)してほしい」「相手を説得してほしい」というご希望には、応じることができません。

✿「費用を支払っているのだから、言うとおりに動いてほしい」とのご要望には、応じることができません。

✿それぞれの代理人・関係者との関係(利益相反等)により、お申込みを受けられないこともあります。

✿御両親にDV・モラルハラスメントに関する激しい争いがある場合、お申込みを受けられないこともあります。

✿面会交流実施が子どもにとって望ましくない場合、ご相談を受けても支援できないこともあります。  


面会交流支援の内容

 

☘付添い型支援

面会交流開始から終了まで、全て支援員が関わるタイプです(日程調整含む)。

第三者の付添い・立ち合いが面会交流の条件となっている場合に利用されます。 

対応エリアは原則として当事務所から公共交通機関で1時間程度の場所、それ以外は応相談となります。

 

☘受渡し型支援

面会交流の開始時と終了時に、支援員が子どもの受渡しのみを担うタイプです(日程調整含む)。

第三者による付添いは不要であるものの、両親が接触困難な場合に利用されます。 

対応エリアは原則として当事務所から公共交通機関で1時間程度の場所、それ以外は応相談となります。

 

 

☘日程調整型支援

当事者間での直接のやり取りが難しい場合に、日程調整のみを行うタイプです。

双方から候補日を提示してもらい、実施日時と受渡し場所を取り決め、双方にその旨をお伝えします。 

対応エリアの限定はございません。

 

☘オンライン見守り型支援

遠方にお住まい等で直接の交流が難しい場合に、オンラインで面会交流を行うタイプです(日程調整含む)。

主にZoomを利用し、担当弁護士がメールにて双方をご招待し、当日の段取りを行います。 

対応エリアの限定はございません。

 

☘スポット面会交流支援

協議中・調停中の方に限定してご利用頂く、1回各1時間、当事務所内・付近での短時間付添い支援です。

双方と打ち合わせの上、面会交流に付添い、面会交流状況に関し事実記載したレポートを双方にお渡しします。

協議・調停での検討が目的のため、子ども面談は実施しません。

また、調整の関係で、双方に代理人が就いているケースに限らせて頂きます。

 



ご注意いただきたいこと

  • 面会交流支援に関する連絡は、行き違い防止のため、原則メールで対応しております。電話での御相談・御連絡はお断りしておりますので、お問い合わせは、コンタクトフォームからお願い致します。
  • 付添い型・受渡し型支援については、現場で面会交流支援員が対応いたします。当事務所の支援員は、面会交流及び児童心理に関する知識及び素養がある者で、面会交流支援に関するトレーニングを受講済の者です。別居離婚の当事者・ボランティアはおりません。
  • 面会交流中の事故に備え、支援員を含め当事務所で保険に加入しております。
  • 付添い型と受渡し型については、面会交流支援員のスケジュール調整の問題もあり、お申込みいただいても対応できないこともございます。2021年10月時点において新規対応が難しい状態ですので、お申し込みをお考えの方は、必ず事前にコンタクトフォームからお問合せください。

面会交流支援担当

 弁護士 渡邉祥子  

臨床心理士・公認心理師 小田切紀子